memoryless sources

無記憶情報源。

0リアクション &

いままでアメリカの住所で登録していた iTunes Connect のアカウントを廃止して、日本の住所で iOS Developer Program に新しく登録し、Transfer Apps するテスト。

  • 日本の住所でもアメリカの銀行を登録できる。
  • アメリカの銀行の口座番号が分かりにくい(小切手に書いてあるけど、どこからどこまでが口座番号だったかすぐ忘れる)
  • 古い iTunes Connect アカウントで Transfer Apps して、新しいアカウントで Accept する
  • んだけど、その前にいろいろ Contract に同意しなくてはいけない
  • 銀行口座の登録は処理に時間がかかるのか、さっきから Processing のまま
  • ゲームで遊んでいる間に処理が終わったみたいで、いま App Transfer に合意して手続き完了

登録カテゴリ: ios app apple

0リアクション &

最近読んでいる本。

お風呂で読む

ロバート・キヨサキ『金持ち父さん貧乏父さん』

改訂版が出たというのに、少し前に古本で初版を買ってしまった。筑摩書房の復活をリードした本がどんなものか見てみたかったので買ってみたけど、とても面白い。もっと早く読んでおけば良かった。あと、舞台がハワイなので少しだけ親近感がある。

iPhone の Kindle

ディミトリ・マークス、ポール・ブラウン『データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」 ビッグデータからビジネス・チャンスをつかむ』

邦題はやたらと長くて覚えられない。Kindle のセールのときに買った。面白い。顧客のセグメント化とか、今すぐにでも始められそう。

Kindle Paperwhite

G・パスカル・ザカリー『闘うプログラマー ビル・ゲイツの野望を担った男達』

Windows NT を作ったデイヴィッド・カトラーの物語。これも Kindle のセールで買った。当時のマイクロソフトの様子や、本当に才能のあるプログラマたちが、ぶつかり合いながら仕事をする様子が描かれている貴重な本だと思う。

登録カテゴリ: book

0リアクション &

Redis new data structure: the HyperLogLog - Antirez weblog

Redis のドキュメントみてみたら、HyperLogLog っていうデータタイプがいつの間にか増えてたので、何かと思ったら、ストリーミングされるデータから重複をのぞいた数を数えるアルゴリズムらしい。

http://redis.io/commands/pfadd Redis の最新バージョンは 2.8.8 だけど、コマンドは 2.8.9 からサポートされるので、次のバージョンから使えるようになるみたい。

登録カテゴリ: redis programming algorithm

0リアクション &

async.waterfall() で、エラーの時は第 3 引数の callback は 2 度呼ばれない。

async.js の中の実装の中で各タスクは次のようなラッパーがかまされる。

    var wrapIterator = function (iterator) {
        return function (err) {
            if (err) {
                callback.apply(null, arguments);
                callback = function () {};
            }
            else {
            ...

ここで、エラー時には callback を呼んだ後で callback を空っぽの関数に置き換えている。

エラーが起こらない場合には、各タスクの関数や callback も何度でも呼べそうな感じ。

登録カテゴリ: node javascript async programming

0リアクション &

xargs のコマンドラインオプションとそれらの挙動がなかなか覚えられなかったけど、-I だけ知ってればとりあえず間に合いそう。

-I replace-str

xargs が実行するコマンドに対してユーザが引き数 (すなわち initial-arguments) を指定したとき、その initial-arguments 中にある replace-str の部分すべてを、標準入力から読み込んだ名前で 置き換える。 なお、空白は、クォートされていない場合も、入力される項目の区切りには ならない。区切り記号は改行文字だけになるのだ。 -x と -L 1 が自動的に設定される。

シェルを使えば多少複雑な事も出来る。

$ ls | xargs -I @ sh -c '[ -d "@" ] && echo dir "@"'

登録カテゴリ: linux xargs ShellScript unix